いつか、いつか、約束の空

仕事マジ辛い・・・

一週間の疲れを癒すそれが第501統合戦闘航空団ストライクウィッチーズである!





ちゅーわけでスト魔女も(おそらく)半分が終了しました。
1話のことは書きましたが二期はホントにすばらしいです!

大きく分けると自分では以下の三点が良くなったと思います
1・各キャラの成長
 一期から半年の間にウィッチーズのメンバーは成長しました!リーネやサーニャは自信を、ペリーヌやバルクホルンは本来の優しさを取り戻し、はっちゃけているだけだったルッキーニも祖国のためにと空を舞います!
 芳佳も成長しました。ただ漠然と守りたいだけだった芳佳だが一期やその後を通して守るためには様々な方法があり、そして気持ちだけではなく力の大切さも知りました。大切な人を守りたい・・・それが一期より強くなったのではないかと自分は感じました。

 1話での宮藤は一期の1話の宮藤とは大きく異なります。
魔力コントロールも出来るようになり宮藤は強くなりました。しかし、それよりも坂本を「守りたい」「死なせたくない」、そんな気持ちで、場に流されたわけでない自分の気持ちで決意し飛ぶ!
「守りたいから私は飛ぶ!」それがはっきりと伝わってくる、宮藤に好感が持てる1話でした。
 5話では自由気ままなルッキーニらしさを出しつつ、祖国のために、守りたいがために空を飛ぶ・・・。怖いがしかし守りたいもののためになら戦える。美しい空と国と民のために空を駆ける!そういうのがストライクウィッチーズなのでしょうね

2・戦闘シーンの向上
 とにかく良くなっている!固有魔法を使った派手な戦闘!スピーディな機動!とにかく美しくなっています!
 一期で固有魔法を全て出しましたからね。もう出し惜しみはなしです!そんなかんじ!

 2話でのウィッチ-ズ再結成シーンはすばらしいものがある。うなるトネール、シュトゥルム、ルッキーニの多重シールドからのシャーリーのコンビネーション!エイラーニャのワルツでも踊っているかのような回避機動、そしてフリーガーハマー。大尉、それ使い方違いますwそんなバルクホルンのパワープレイの後はミーナの心配など吹き飛ばすようなかっこよさで少佐が決めてくれます!
 魔女たちだけでなく戦艦などの戦闘シーンも全体的に増えてよりメカものとしての良さが増したと思います

3・キャラ同士の絆
 紹介となる回が多く、必然的に掘り下げることの出来なかった一期とは異なり、同人業界の影響を受けつつ(?)魔女たちの絆は深いものへとなっていきます。3話のペリーヌなんてもうデレデレですね!360版でもサーニャとかにでれてましたしw
 4話のシャーリーとトゥルーデの話はある意味お約束というか、ファンが待ち望んでいた話ではないでしょうか?シャーゲルだけでもウハウハなのにバルクホルンはジェットストライカー+重装備ですよ!これで萌え燃えないはずがない!
 逆に6話のエイラーニャの回はいっつも仲良しな二人がケンカして、それでもやっぱり大好きで大切で・・・そんなお約束の回だけどお約束だけにやっぱりイイ!

以上の点が大きく強化されてストライクウィッチーズは燃え萌えなアニメから超燃え萌えなアニメに進化したのです!


さて、ちょこっと気づいたことっていうか一言感想を書いていってみますか・・・
1話・熊やみっちゃんのじいさんのトラクターシーンに突っ込みをいれてはいけない。いいか、絶対だぞ?
2話・少佐、白スクとかサービスしすぎです
3話・宮藤とリーネが再合体!でもそんなことよりペリーヌの修行中のアレはやり過ぎ、修正が必要ナンダナ
4話・6話 実はキャラクターの背中を押してあげているのはハルトマン。主役回でもないのに実にイイ動きをする。コレがエースだ!
5話・シャーリーやりたい放題。つーか芋はどうなったんだ芋は?
6話・え?なにあの使徒・・・。てゆーか展開がガイナックス臭ぷんぷん。しかし、相変わらず6話は神!

こんなところですね!アフリカの魔女や502も続々増えてまだまだストライクウィッチーズは熱く熱くなりそうですね!504もゲームで活躍するそうなので楽しみです!

さてねるか
[PR]

  by rgm-79b | 2010-08-16 23:25 | アニメ

<< kawate杯 夏ばて >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE