カテゴリ:ガンダム( 9 )

 

だから量産機が!!ジムタイプの!!

今日は。部の倉庫整理したり、実習の準備とかしてました。まあ、体育の時間に自分の妄想が暴走したのでジムについてかきたいと思いま~す!

妄想①
グランドにRGM-79[G] 陸戦型ジムを大量にならべて~。
RGM-79[G]陸戦型ジムとは、地上用にチェーンされた先行試作量産型MSである。登場作品は「機動戦士ガンダム 第08MS小隊」で、アプサラスによって見事にぶちこわされておりました。武装は大気圏内での戦闘を考えて実弾兵器がメインである。固定武装は脚部に2本装備されたビームサーベル。オプションは100mmマシンガン、スパイクシールド、バズーカ、ミサイルランチャー、180mmキャノン等である。腰部にはマシンガンのマガジンを左右に一つずつ装着することが可能であり、膝のスパイクや特徴的な形のスパイクシールドにより格闘能力も悪くない。また、一部の部隊や指揮官機には少数ながらビームライフルが配備されたとかされなかったとか・・・。
RX-79[G]陸戦型ガンダムをベースに量産されており、オプションやパーツのほとんどは共有できる。実際、作中では頭をぶっ飛ばされた陸戦型ガンダムにGM型の頭部を取り付けるということや、GMのパーツを使って大破した陸戦型ガンダムの改修(Ez-8)を行ったりした。陸戦型ガンダムとの違いは頭と胸部のガトリング砲の有無(もちろんない方がジム)である。顔とか形とか似てるけど、ブルーデスティニー1号機との関係は・・・。
バンダイのHGUCシリーズで陸戦型ガンダムが発売されるので陸戦型ジムの発売ももうすぐであろう。余談だが、連邦VSジオンシリーズではコストが少ない上にビームライフル持っててジムなのでものすごく多用してました。

以上、RGM-79[G]陸戦型ジムについてでした。

妄想②
RGM-79Q ジムクウェルベースにジムスナイパータイプをつくりた~い

RGM-79Q ジムクウェルはティターンズ用のエリートなジムである。部品一つ一つが普通のジムよりいいものでその性能はガンダムタイプのベースとなる機体に選ばれるほどでした。なので、こんなので狙撃専用のジムスナイパーⅣなんて作ったらすごくいいのではと妄想しておりました。まあ、でもZガンダムの時代(U.C.0087~0088)の前にハイザックが開発されてるから(U.C.0085ごろ)狙撃MS作るならハイザックベースにするよな~、普通。もしくはマラサイ。

以上、妄想コーナーでした

今日のひとこと
「先生、そろそろ(プロジェクターに映してる画面)閉じさせないと他の先生に見つかるとうるさいですよ」   by事務


授業態度が悪い生徒がそんなこと言ってもね~
[PR]

  by RGM-79B | 2007-05-22 23:17 | ガンダム

メリ~クリウス

 決してメリークリスマスではありません。12月24日、思い出されるワードはクリスマス・イブ?あえて言いましょう、違います!12月24日といえば 新機動戦記ガンダムW Endless Waltzでしょう。
 A.C.(アフターコロニー)195年、5体のガンダムにより、地球圏には平和が訪れたかのように見えた。しかし、A.C.196 12.24 トレーズの娘を名乗る、マリーメリア・クシュリナーダによって率いられたマリーメリア軍は地球圏の真の統一者を名乗って「地球圏統一国家」に対し宣戦布告、圧倒的な数のMS「サーペント改」を用いて大統領邸宅を占拠、地球圏の中枢を掌握する。(中略)4機のガンダム、そしてトールギスⅢの活躍によって、MSという兵器は歴史から姿を消し、地球圏には再び平和がおとずれたのだった。
 新機動戦記ガンダムW Endless WaltzはOVAおよび、劇場にて公開され、主役機のウイングゼロはPG、MGでプラモ化もされている。見所はやはりOVA3巻(劇場版なら後半)の戦闘シーンである。群がるサーペントたちをバッタバッタ倒していくのは壮観である。
 つーことで24,25はみんな「新機動戦記ガンダムW Endless Waltz」をみるのだ~!


追伸
 回路機能しないや・・・

今日のひとことスペシャル
「教えてくれ・・・俺は後何人殺せばいい?」   byヒイロ

「もう、これしかないよね。自爆スイッチしか・・・。」  byカトル

「ひとり50機だ、やれるな?」  byトロワ

「それが貴様の正義か!」  by五飛

「あばよ、相棒」  byデュオ
[PR]

  by RGM-79B | 2006-12-24 23:22 | ガンダム

レポート

レポート制作で疲れたので今日は好きなMSの紹介でもしようかな。
『XXXG-01HC ガンダムヘビーアームズ改』 パイロットは『トロワ・バートン』もちろん偽名である。トロワはもともと名前がなく、トロワとなる前は『名無し』と呼ばれていた。ガンダムヘビーアームズ改(以下G03C)はW0とトールギスのデータをもとにドクトルSが設計・開発したMSである。数多くの飛び道具を装備していることから『歩く火薬庫』とも呼ばれる。武装はバルカン砲×2、マシンキャノン×2、胸部ガトリングガン×2、マイクロミサイル×10、ホーミングミサイル×12、ダブルガトリングガン、アーミーナイフ。劇場版ではさらに火力が強化され、バルカン砲×2、マシンキャノン×2、ダブルガトリングガン×2、胸部ガトリングガン×4、マイクロミサイル×54、ホーミングミサイル×36である。敵は弾切れのみである…。
[PR]

  by RGM-79B | 2006-04-06 23:06 | ガンダム

白と黒

f0046005_00448.jpg

写真はガンダムヘイズルの実戦配備カラーとシールドブースター三枚による高機動型モードです。二つ並べるとかっこいいです。色変えるだけでもガラッと感じ変わりますよね?
[PR]

  by RGM-79B | 2006-03-18 00:00 | ガンダム

まだだ・・・まだ終わらんよ!

まだだ・・・まだ終わらんよ。
ヘイズルの製作も
勉強も
春休みも
アームの設計も
ガンダムSEEDも(!?)
・・・・・そう、ガンダムSEEDシリーズがしつこく展開しようとしているんですよ!
機動戦士ガンダムSEED C.E.73STARGAZER

まだ続けるのか!?
さすがにTV放送ではないらしく、OVA(オリジナル・ビデオ・アニメ の略)で発売らしい。
自分的には“ジムクウェル”がベースとなっている“ヘイズル”が活躍するアドバンス・オブ・Zのほうをアニメ化などしてほしいですね。

 最後にエアブラシをはじめて使ってみての感想を・・。
 吹く範囲を調整できるので使いやすいですね、缶スプレーに比べて。あと、色を自分でチョイスしたのを吹けるのもイイですね。金も少しは節約できるかな?
[PR]

  by RGM-79B | 2006-03-11 22:49 | ガンダム

昨日の今日

redのとこみたいのをやろうとし失敗。記事を短くする。
ガンダムセンチネンタル~ALICEの懺悔~を読み終わりました。男達の意地ってかんじでしたね。疑似人格をもったCP ALICE を搭載されたMSのSガンダム。ALICEは戦闘の中で少しずつ成長してゆく…。勝手に動く機体に戸惑いつつかれは任を果たすのだった…。
登場MS
Sガンダム
Ex-Sガンダム
ZプラスC1型
ネロ
EWACネロ
ジムⅢ
FAZZ(ツァッツ)
ゼク・アイン
ゼク・ツヴァイ
その他

☆☆★★★
星2つ
[PR]

  by RGM-79B | 2006-02-19 00:32 | ガンダム

なんだこいつ!?勝手に動くぞ!?

 サボっていたので二つ更新。放課後、FEとともに本屋へ。まずは「ツバサ 13」を購入~♪黒鋼の過去がほとんどでしたね。黒鋼は好きなキャラだが、個人的にはファイの過去のほうが気になります。あと、ツバサの方の星史郎の過去なんかは気になりますね。その後、ブックマでFEが「ガンダムセンチネンタル」を¥100で発見!!「買えば?」と冗談で言ったのだろうがこっちは大マジ!なんたって「Sガンダム」が出てくる話ではないか!!しかも¥105税込みでだ。
 即購入決定!家に帰って表紙を開く。っん?なにかおかしい?よくみると挿絵のSガンダムの頭部がおかしいのである。・・・・・そう、頭がプラモのパッケージなどでおなじみのガンダムタイプのものではないのである!!ガンダムタイプではなく、ジム頭なのである(お前は陸ガン カレン機か!)!資金的に余裕のある方は「MG Sガンダム」または「MG Ex-Sガンダム」に「MG ジム改」の頭をつけて再現してほしい。ちなみにSガンダムは¥6000、Ex-Sは¥8000ぐらいだったと思われる。(HGUCでもラインナップされてるからそっちで再現すべきか・・・)
 ちなみに挿絵はこんなのです。
f0046005_2215123.jpg

 プラモ作りつつ勉強頑張りたいです。アドバンスド・ヘイズルは小型ブースターポッドを製作中。全体の70%(フルドドを除く)が出来上がってきている。シールドの製作がきついかも・・・・。余裕があれば1号機も・・・・。やぼうを抱きつつ頑張ります。
[PR]

  by RGM-79B | 2006-02-17 22:02 | ガンダム

量産機…SEED編

主人公達によりがんがん落とされる(受験生のかたがた…すみません。禁句ですね…)量産機たちであるがそんな機体にもバリエーション機や設定はしっかりとある。今日は「機動戦士ガンダムSEED」と、そのMSVからダガーシリーズ(勝手に命名)とメビウス、スカイグラスパーについて紹介する。メビウスは宇宙用の戦闘機のような機体。MSに数で対抗する機体ある。スカイグラスパーは普通の戦闘機だがストライカーパックを装着可能。宇宙用のコスモグラスパーも存在する。これらの機体はオプションの力で戦っていると言えるとおもう。
ダガーは単体でも十分に敵MSと戦える性能を持っているがパイロットがナチュラルのためにデチェーンされている。しかし、発展量産型のGAT-01D ロングダガー(連合のコーディネーター用) デュエルダガー(ナチュラル用)は機体が強化され、フォルテストラと呼ばれる強化装備を着ることによりかなりの戦力upに成功している。支援用のバスターダガー、特殊任務用のNダガーN、ストライクダガーの強化型など様々な機体が開発され、戦線に投入されていったのだ。
このように量産機の利点はバリエーションの豊富さにある。一部のパーツを変えるだけで局地用、強化型が開発でき、パーツを消耗しても代えがきくのである。また、自分のオリジナル機をプラモなどで造りやすいというのも一つの利点であろう。
[PR]

  by RGM-79B | 2006-02-09 22:22 | ガンダム

王道ではない・・・

 作っていなかったり、パーツの一部が壊れていてプラモの紹介が出来ないため、今日はガンダムSEEDの話の紹介と、外伝「ASTRAY」シリーズについて紹介する。
 コズミック・イラ70。宇宙のコロニー「プラント」に住む「コーディネイター(=遺伝子を調整された人間)」と地球に住む「ナチュラル(=遺伝子を調整されていない人間)」との対立は決定的なものへとなっていった・・・・。ナチュラルの手によりプラントの一つ“ウニウスセブン”に核が打ち込まれる(「血のバレンタイン」の悲劇)。プラントはこれに対し宣戦布告し、“Z.A.F.T”軍を本格的に始動させる。誰もが疑わなかった物資で勝る“地球連合”の勝利。・・・・しかし、ザフト軍の使うMS(モビルスーツ)によりその予想は大きく裏切られる。戦局は疲弊し、開戦から11ヶ月が過ぎた・・・。

というふうにして始まる。MSの活躍により物資に勝っているのに勝てないのはガンダムのお約束(?)である(Wは異なる)。物語は中立コロニー「ヘリオポリス」から始まり、そこで秘密裏に作られていた連合のMSが強奪されるところから始まる。主人公の「キラ・ヤマト」は中立国オーブのコロニーヘリオポリスに住むコーディネイターだったが、運悪くザフトのMS強奪作戦の現場に巻き込まれ、プラントに引っ越していってしまった親友「アスラン・ザラ」と不幸な再開を果たす。連合はショボイのであっさりと「GAT‐105 ストライク」を除いた四機のMS(俗にガンダムタイプと呼ばれる高性能機)「GAT‐X102 デュエル」「GAT-X103 バスター」「GAT-X207 ブリッツ」「GAT-X303 イージス」を奪われた挙句コロニーが崩壊してしまう・・・・。本編の方は主人公が悩んだり、キレたり、恋愛したり、親友と再会したり・・・などなどと続くのだが(ようやく本題に・・)外伝「ASTRAY」はここから始まる。
f0046005_21344118.jpg

アストレイ1~3
Xアストレイ1,2
ディスティニーアストレイ1~

ASTRAYとは“王道でない”と言う意味らしい。SEEDの裏側や主人公のロウや仲間達、プレアとカナードの戦い、僧兵部隊「サーペントテール」とのやり取りなどがあり結構お勧めかな・・・・。他にもフォトストーリーや小説でもASTRAYは描かれている。前回紹介した105ダガーやソードカラミティなどの機体も登場するのでアニメのSEEDを見た人はまた新たなSEEDの世界を発見できるかもしれない。
[PR]

  by RGM-79B | 2006-02-07 21:42 | ガンダム

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE