人気ブログランキング |

もはや認めるしかあるまい・・・

早い話がコレ
f0046005_233314100.jpg


メカ娘Vol.2リペイントバージョン
を大量購入!!

 結果は5勝1敗。
 内容は以下の通り↓(名称 (国))
f0046005_2339237.jpg

左から順に
・高速機械化航空歩兵 Re-2200フリアータ(伊)
・試作機械化局地航空兵 藤花(日)
・3号突撃装甲歩兵F型(独)
・機械化航空歩兵 Mig60(ソ連)
・機械化装甲歩兵 M4A3シャーマン(米)

箱を空けたところ藤花がダブっていた。ドイツかレアの高速機械化航空歩兵 Re-2200フリアータ(ショーモデルVer)だったらよかったのに・・・。

f0046005_23555738.jpg

 まずは機械化装甲歩兵 M4A3シャーマン。実際に存在する戦車が元で、くわしくはココをみてくれ。
 Vol.2(右側)との変更点は鮮やかな迷彩色に変更。また、気づきにくいが背負っているリュックや脚部メカなどに汚しが施されている。個人的にこっちの方がよいと思う。

f0046005_053123.jpg

 次は、高速機械化航空歩兵 Re-2200フリアータ。架空機。フリアータ(furiata)とは突風の意で、試験飛行において、本機の示した優れた格闘戦能力に送られた愛称である。
 Vol.2ではバリエーションだった黒スク水姿である。一部の色のみ変わっているだけ。メカ部のクリヤーパーツがより透明に。他のに比べ損した気分。

f0046005_015101.jpg

 Vol.2唯一のめがねキャラ。架空機。島田フミカネ氏曰く旧帝国海軍のロケット局地戦闘機「秋水」をイメージしたらしい。
 機体は組み立て可能で翼を展開できる。袴の脱着可能。

f0046005_0211836.jpg

 ソビエト連邦のMigがモデル。たぶん架空機。スカート脱着可能。メカ部が光沢をもっていて本物っぽい質感を醸し出している。Vol.2の白や、Vol.1のP-60と一緒に飾りたくなってくる。

f0046005_0302573.jpg

 今回の購入分とは関係ないが何となく紹介。右は3号突撃装甲歩兵G型(独)、左が高等訓練機 Ms-462(仏)。実はどちらも色違い版。

f0046005_0365490.jpg

 最後は3号突撃装甲歩兵F型。ボディーはA型のリペイントだが顔は新規造形。メカ部は汚しがあり、全ボーナスパーツで
f0046005_0394675.jpg

6号機械化装甲歩兵ティーガー初期型になる。ボーナスパーツにももちろん汚しはしてある。3号戦車およびティーガーは実際に存在した戦車がモデルになっている。

 ドイツはいい感じです。

今日のひとこと
やっぱりガンダムより量産機だよ!!
by事務

  by RGM-79B | 2006-11-11 00:21 | プラモデル・ホビー

<< 久々に休日 こんなやつで・・ >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE