人気ブログランキング |

新技術はどこへいくのやら

今日、NHK衛星第二で「サイボーグ革命・ロボットと人との融合」という題名の番組で脳コンピューターインターフェイスシステムというのについてやっていた。これは脳の電気信号を読みとり、インターネットを通したりしてロボットなどにおくり、考えただけでものを思い通り動かせるというシステムだそうだ。脳に電極を差し込んで脳の信号をよみとるのである。
まだ実験段階だが世界中で研究が行われ、着々と技術は進歩しているらしい。このシステムがあると離れている所のものを感じたり、義手・義足などと失った部分を補う機械の進歩、脳からインターネットへの接続などができるように近い未来なるだろう…と番組のなかで語っていた。
この番組をつけたときまるで、マンガかアニメの中での話のように自分には感じられた。エ〇テバ〇スの操縦方法かよっ!とかも思いましたね。実用できると様々なところで利用でき、便利だと思うし、技術者のたまごとしてもものすごく興味があります(ロボット関係の仕事に将来つけたらいいなあ)。
しかし、番組後半にやっていたのだがこれらの技術が軍事に利用されそうになっている。自分はガンダムは好きだがガンダムみたいな兵器などがでてくるのはいやである。

  by RGM-79B | 2006-01-21 22:49 | 駄文

<< フロントアーマーの分割 ヘイズル・足 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE